セサミンの代謝促進効果とは

セサミンには肝機能を高めて、代謝を促進する効果があります。
セサミンが高められる代謝機能は大きく分けてアルコールと脂質の2つです。
どのようにセサミンが代謝を促進するのか、見ていきましょう。

アルコール代謝の促進

二日酔い対策として、セサミンが有効なことはよく知られていますよね。
体内に入ったアルコールは胃で2割、腸で8割が吸収されます。
胃腸で吸収されたアルコールは最終的に肝臓に運ばれ、分解されます。
セサミンは肝臓でアルコールを分解するアルコール脱水素酵素(ADH)を活性化させる働きがあります。
分解されたアルコールはアセトアルデヒドになりますが、この物質が二日酔いなどアルコールを摂取することで生じる頭痛や吐き気の原因になります。
アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって酢酸に分解されますが、セサミンはこの酵素も活性化させる働きがあります。
その後酢酸は他の酵素によって水と二酸化炭素に分解され、最終的に体外に排出されます。
セサミンはアルコールの分解と、アルコール分解によってできる代謝物の分解を促すことで、アルコールを体外に排出させる効果に優れています。

脂質代謝の促進

体内に取り入れられた脂肪分は、腸内で胆汁と酵素の働きによって脂肪酸とグリセロールに分解されます。
その後、肝臓へと運ばれコレステロールや中性脂肪に代謝される流れをたどります。
しかしストレスや不規則な生活習慣、喫煙などで肝臓が弱っていると肝臓の脂質代謝機能が落ちてしまいます。
肝臓で働く健康成分として有名なセサミンは、脂質の代謝も活性化する作用があります。
セサミンが脂質代謝を活性化させる理由は、次の2点から説明できます。

・脂質を調節する酵素の活性化
体内には脂肪酸を分解する酵素が存在しますが、セサミンはこの酵素に作用するPPARと呼ばれる受容体を活性化させます。
PPARがセサミンによって活性化することにより、脂肪酸を分解する酵素の働きが活性化され脂質の代謝が向上します。
一方、肝臓では脂質の合成を調節するSREBP1と呼ばれる遺伝子も存在します。
セサミンはこの遺伝子に働きかけることで、脂質の合成量を抑制する働きがあります。
PPARを活性化することで体内のコレステロールの再利用を促す善玉コレステロールを増やし、SREBP1を活性化することで、過剰になりがちな悪玉コレステロールや中性脂肪の合成を抑える働きがセサミンにはあります。
これらの作用でセサミンは脂質を調節していきます。

・肝細胞を活性酸素から守る
体内最大の臓器である肝臓は500以上もの機能を担い、体内で全体の7~8割にもなる活性酸素を発生させます。
活性酸素は非常に酸化力が強く、過剰に発生すると細胞膜の脂質を酸化させ、細胞の機能を劣化させます。
これに対抗するために人間にはSOD酵素と呼ばれる活性酸素を無毒化する酵素がありますが、加齢とともに生産が衰えていきます。
肝臓で大量の活性酸素が発生しSOD酵素による除去が追い付かなくなると、肝細胞が酸化され脂肪肝の原因になります。
脂肪肝になると肝臓が正常に機能しなくなるので、脂質の代謝や解毒作用に支障が出てきます。
これを防ぐのが、肝臓で抗酸化作用を発揮するセサミンです。
セサミンは他の抗酸化物質と異なり、胃腸で分解されずに直接肝臓に作用します。
肝細胞を活性酸素の害から守ることで、セサミンには脂質代謝などの肝機能が低下するのを防ぐ働きがあります。
肝細胞を抗酸化作用で守ることで、セサミンは脂質の代謝を改善するのです。

セサミンによって促進されるアルコールと脂質の代謝ですが、特に脂質代謝は中性脂肪やコレステロール値にも関与しているため、生活習慣病の予防に効果があります。
健康診断などで改善を指摘された人は、セサミンの力を借りてみるのもおすすめです。
Column関連コラム一覧
トップに戻る